ダムOcchito

Il lago di Occhito è in realtà un grande invaso artificiale, il più grande lago artificiale d’Italia e il secondo in Europa. Esso fu costruito sul finire degli anni ‘50 per sopperire alla cronica mancanza d’acqua del territorio foggiano, con uno sbarramento del torrente Fortore all’altezza dell’abitato di Carlantino, ai confini con il Molise. これは、程度の長さを有します 12 キロとはカンポバッソの州の残りの部分で、フォッジャの省の中央に属し、. その作成時に周囲の湿度の上昇を起因しています, 特にフォッジャの, 気候は、過度の乾燥のために有名だった場所, それは、実際にはサン・ジョバンニ・ロトンドに移動するにはピオ神父を強制的に原因でした.

 

湖Occhitoエリアはプレアペニン山脈の典型的な環境を持っています. 川岸に土地のすべての方法を栽培, そして、小さな落葉, 農業と他の文化に散在. 湿地に沿ってポプラの林と地中海での典型的な川の植生です. 重要な植物の関心の多くの種があります。, その中には、いくつかの種の存在を検出することです 野生の蘭. 全体の面積は重要な休憩場所であります, 多くの動物のための避難所と繁殖地, 多様な遺産は、既存の動物であります. 面積は、哺乳動物の様々な種に特に適した自然の生息地を構成します. 特にこれらの中でも オオカミ これは、いくつかの場所で報告されました. また、多くの爬虫類を見つけることができます (Cervone, biacco, biscia, ユウダ属, saettoneまむし), 昆虫 (カブトムシcerambicidae, mantidelibellula) そして、蝶, 鳥類 (エアワン , フクロウ, メンフクロウ, バット, Allocco, エアワンのcenrino, 飲み込む, NIBBIO, 牧草地, folaga), 多くの猛禽類や水鳥など、, 湖で見つかった魚や両生類のだけでなく、様々な種 (カニ, ramarro, ラナ, treefrog, トカゲ, cavedano, tincaトラウト).

自然のパスの領域に、彼らは自然を尊重し、訪問者を感作し、教育することができることを環境教育で構成されている, 既存の富の強化, 配向方向の取得, 生物学的サイクルを理解する. 水中で特に関心のように行う活動, 第三千年紀の青い金とそれに関連する問題, 水循環, 水利用, 汚染, 節水, 世界で喉の渇き, 水の民営化. 訪問者は無料で旅行やガイド付きツアーを行うことができます.

ガイド付きの訪問はOcchitoダムのプレゼンテーションを含みます, プラント操業に重点を置きました, そしておそらく, 予約, 同じを訪問. それは自然の一部の提示を継続します, 風光明媚なウォーキングやゲームへのアクセス.

また、青色の教室で研究室を提供します, 会議を行うために屋内訪問グループをホストできる構造, 凸, 授業料, 観測, 研究, 等.

地理的な位置: イタリア, プーリア州, カーライルの市, プーリアとモリーゼの境界領域.

エクステンション: 13 平方キロ. 約.

CONSTRAINTS PROTEZlONE: 制約景観と水文学.

バリアフリーアクセス: 部分的に

難易度 ': T (観光客)

旅程: 自然主義的な

VISIT:

訪問サービスは、リクエストに応じてのみとするために、第三者の企業によって提供され 最低限の 8 人.

拠出費用は、個々の訪問を予定しています ユーロ 7,00 人. 私あたり 以上のグループ 15 あらゆる年齢層の人々 コストは ユーロ 5,00 人.

関連記事:

コメントは受け付けていません