Farrata: 素朴な伝統manfredoniana

シェア,it
La Farrata di Manfredonia

Farrataマンフレドニア

Farrata è una pietanza tipica della città di Manfredonia, 香ばしい素朴なカーニバルの伝統sipontina. と’ それはスペルト小麦の主に構成されているため、いわゆる.
古風な文明の食材を使用して非常に快適なこの国では: 穀物浸軟, ricotta pecorina, ミントマジョラム, シナモンとコショウ.

卵黄でトップペストリースプレッド. farrateの料理は、伝統的に古い薪のオーブンで行われていた. 生地の香り, 生地のコンテンツ, そのs'indora, その紛れもない味でユニークです.
焼きたての, ホットクリスピー, 通りや中庭ラウンドカーニバルの日の間に行った, 朝のincappottatiすでに5時少年たちの叫びを通して. これの証明は詩人マイケルRacioppaの方言で多くの非常に成功した曲の一つである “farrète”.
ウニ​​の歌, 売却目的, 私はお祝い目が覚めSiponto, 女性が買いに地下室から外を見た, 作りたてと保温を食べる.

準備:

farroは穀物で離解する必要があります, 乾燥後 (少なくとも一日), ふすまから分離される. 彼らは、デュラム小麦からパスタのシートは浸した丸みを帯びた形状をし、それらの間の小麦の混合物を挿入され、準備する, 新鮮な羊のリコッタ, ミントマジョラム, 販売Eペペ. 一度シートの2つのエッジを閉じた, それは少しの上に振りかけることが必要である’ 卵黄. farrataの香りを堪能するために、木のオーブンで調理することをお勧めします, 後に焼きたてのパン.

我々はあなたがマンフレドニアのすべての伝統的なピッツァリアで見つけることができるこの特別な製品のプレゼンテーションを締結することを提案, Farretへの賛美歌

関連記事:

Le zeppole di San Giuseppe tra storia, 伝統とガストロノミー
Pancottoフォッジャ
ハムFaeto
トップ10 "ワインの旅の目的地でのプーリア" IL当たり世界で 2013
モンテ·センター 'アンジェロ (FG) ジオ & チェンライとジオ 3
ガルガーノに「準備完了着実クック"
Paposcia garganica
工場のための旅程」Andar" マッティナータの田舎で (FG)
II^Edizione di "Mangia la Cultura: Le delizie di Andria"
Mangia la Cultura: 味とライブ感情を発見,,it,アンドリア11月,,it,食べる文化が私たちの領土のL'immenso遺産、芸術と美食の歴史を再発見するConfcommercioバーリ - コウモリの排他的なプロジェクトです,,it,低速パス,,it,資格の観光ガイドの助けを借りて、,,it,それは建築の美しを通じて魅惑的な旅にお連れします,,it,多くのモニュメント,,it,歴史とterritorio.Eの伝説...,,it 19 Novembre ad Andria

コメントは受け付けていません.